※またまた長文&ワンコの話しではないので読むのがメンドーな方はスルーしてくださいネ。


昨日のつづき・・・


まず、右の上顎から手術を受けた。
手術自体はそんなに痛くなかったが、
なんせ人工骨が本物の骨になるまでには時間がかかる。 
そこから半年そのままの状態で様子を見ることになった。
もちろん数週間後、左の上顎にも
同じ手術を受け、骨になるのをひたすら待つ。

この手術、通常はインプラントの
埋め込みと同時にできるらしいのだが、
僕の上顎はあまりに薄かったため、
まず、この手術をしてみて、骨ができるかどうか
それを確認する必要があったのだ。


その間も根が残ってしまっている部分の治療をしたり、
見た目は問題ないがレントゲンを撮ると
中が空洞になってしまっている銀歯の治療をひたすら続けた。 
週に2〜3回は通ってかな。

手術から半年以上の時間が経ち、、、
再度レントゲンを撮り、骨の様子を確認。
なんとな〜くだけど、骨が増えているような、
素人の僕が見るとイマイチよくわからなかったが、
先生は「うん、大丈夫そうだ」と頷いた。

やっとインプラントを埋め込める!
長かった治療も、あともう少しだ。
左右両方をいっぺんには出来ないので、
サイナスリフト同様、右上から手術を受けた。

場所が奥だけに、顎が外れそうなくらい大きな口を開けての手術。
この時、生まれて初めて頭蓋骨を意識したような・・・
鈍い響きを頭蓋骨で感じながら、僕は静かに横たわっていた。
しばらくして、無事埋め込み完了。レントゲンを撮って確認。
問題なく上顎におさまっていた。

また、聞いていた通り、術後ほとんど痛みを感じなかった。
これが右上の手術のこと。 


しかし、なんでかなぁ〜左上の時は手術自体は
右上と何も変わった様子はなかったのだけれど、
術後の夜、激痛でのたうち回った。
ボルタレンを飲んでも効かないから、規定の倍は飲んだ。
それでも、痛い・・・もしかしたら僕は痛みに弱いのかもしれない。

翌朝、憔悴した顔のまま打合せに向かうが、
さすがにそんな顔を仕事相手に見せるワケにも行かず、
必死で笑うけれど、あ〜骨が痛い・・・(>_<)


でも、それから数日で痛みも引き、
これで左右インプラントが無事埋め込まれたということになる。
後は、歯が入ればOK!OK!

さすがに白い歯を入れられるほど余裕もなく、
それからしばらくして、、、でっかい銀歯が僕の奥歯になった。


インプラントを入れてからというもの、奥歯でものをかめるって
素晴らしいぃ〜〜〜!なんて思ったりしてね。
やっぱり高い金払ってでも入れて良かったぁヽ(*´ヮ`)ノと思ったわけで。

なんだか浮かれちゃった僕は・・・


「メンテナンスは定期的にちゃんとしないといけませんよ」


と言われていたことを、ちょっとかる〜く聞き流してしまっていた。



もちろん、その後も他の歯の治療に通っていたので、
当然インプラントも度々様子を診てもらっていた。
けれど、他の歯の治療もだいたいが終わり、
後は定期的なメンテナンスだけとなったのが今年の2月。

そして、、、3月11日。あの地震。
翌々日に1ヶ月ぶりに歯医者の予約が入っていたのだけれど、
地震のせいで、あれやこれやと仕事がバタバタしてしまって、
予約をキャンセルすることに・・・。


あれから、8ヶ月・・・実際は最後のチェックから9ヶ月が経っていた。
あの日は睡眠中につける「ナイトガード」の調整の日だった。
調整をしていない「ナイトガード」は付けられなかったので、
8ヶ月間はつけぬまま過ごした。
それ以外にも大好きなカタイ煎餅をボリボリ食べた
何がきっかけだったのかは、よくわからない・・・
いいや、全てが理由だったのかもしれないけど・・・




ふと感じた奥歯の違和感。



「インプラントのネジが緩んだだけだろう・・・へへへ(^_^;)」



そう思いたかった。でも、頭の片隅では、嫌な予感がしていた。
実は違和感と同時に鈍い痛みを感じていたから・・・。

もちろん、即歯医者へ電話し、予約を取った。

そして、昨日のこと。
「どうかネジが緩んでるだけでありますよ〜に」と唱えながら
恐る恐る歯医者へ向かう。

まずは看護士さんの歯のチェック。
「あらぁ・・・」 と看護士さんは小さく一言いうと
「すぐにレントゲンを撮ってみましょう」とレントゲン室へ。

それから、先生が現れカルテを診ながら渋い顔をした。
「9ヶ月かぁ・・・これじゃ何があってもおかしくないですよ」と。 

レントゲンがあがり、先生の診察が始まる。
口の部分だけが空いているタオルをかけられ、
真っ暗闇の中で、僕は先生と看護士さんのやり取りに耳ダンボ。

グラグラした奥歯をいじられると、時々鈍い痛みが走った。
嫌な予感は的中だった。 



「インプラント脱落。骨から外れてしまっているうえ、周辺に炎症が起こってますよ」 






・・・ひえぇヽ(`Д´)ノ  脱落ってぇ!? 炎症ってぇ!?

一体どうなるの? 先生ぇ〜〜〜どうするの???






それからは早かった。


「はい、インプラント摘出!麻酔の用意!」「はい!」 


テキパキテキパキ・・・\( ̄д ̄\)(/ ̄д ̄)/ ソレソレ...





その間中・・・いつだったか、右から左にしちゃった
あの言葉を想い出していました。




インプラントを入れたからって、安心しちゃダメですよ。
ハルパパさんの上顎の骨は普通の人よりもずっと薄いんですからね、
かかる力を分散させるために、寝る時は必ずナイトガードをしてください。
それと、カタイ食べ物はできるだけ避けてくださいね。
最後に・・・必ず定期的にメンテナンスにいらしてくださいね。




あっという間に麻酔をされ、ゴリゴリガリガリという音と共に
埋め込まれていたインプラントの摘出となりました(涙)

でも、先生曰く、上顎を突き抜けなかったのが不幸中の幸いとのこと。
もし、骨を突き破っていたら・・・とっても大変なことになっていたそうな。

ちなみに摘出されたのは左上のインプラントで、
右上はどうにかこうにか・・・って感じらしいです。
とりあえず、歯だけ外し念のためフタをされています。
でも、右上のネジも真ん中から曲がっていたそうで、
もしネジが抜けなかったら、やっぱり摘出だったみたいです(>_<)



あ〜〜〜摘出された部分がシクシク痛む。
でも、なにが一番痛いかって、この歯にかかった金と時間。こればかりはもぉ〜ヽ(`Д´)ノ
1本にかかった治療費で新型のE0S-1D Xが余裕で買えちゃうしぃ。
話し合いからインプラント埋め込みまで約1年半・・・

浮かれて大切なお約束を忘れたばかりに・・・(>_<)(>_<)(>_<)
あんなに痛い想いして、たくさんの時間をかけたというのに
サイフも心も痛い痛いになってしまいました。
僕はホントにばかやろうです。


そんなわけで、お話しはこれにてお終いだけども
僕の歯医者通いはこれからもまだまだ続くのであ〜〜〜る( TT)



皆さんも歯には十分お気をつけ下さいねぇ〜〜〜。
取り返しのつかないことになると本当に後悔しますよぉ。


2日続けて、長々お付き合いいただきアリガトウございました。
反省の意味を込めて、そして自分への戒めのため
記録として記事にさせていただきましたm(_ _)m



IMG_7745
『お父さんもオイラみたいにロープ噛み噛みしたらいいんじゃない?』




ランキングに参加中です。
ポチっとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ   


banner
ホームページへは上のバナーをクリックしてね!
ここでも保護犬ベルの様子が見られるよ→「WAN MOMENT