Bowwow Poo

僕と妻と6ワンコと・・・時々、水耕栽培。これが結構楽しい毎日なんだ!

タグ:ワイヤー

関連過去記事→|動物病院の選び方小さな勇者1小さな勇者2小さな勇者3
       
小さな勇者4小さな勇者5小さな勇者6



 久しぶりに「小さな勇者」の続きです・・・


_MG_0396



「下顎の骨折箇所が溶けてしまい
 4mmくらい隙間があいてしまった・・・」


だと!?

まさに・・・耳を疑うしかなかった。


骨がつきますようにと祈ったこの3ヶ月は
一体なんだったんだ!?


「骨が溶けてしまう子は初めてで、
 これ以上はちょっとぉ・・・」


院長の言葉はあまりにも頼りなく
この病院を選び、通い続けていた自分達を恨んだ。

今更、骨折に強い病院を紹介しますと言われても
そんな言葉は右から左へと通り過ぎるだけだった。
  

先にも書いたが医師は神ではない・・・
それはわかっている。
「完璧」「絶対」「100%」などない・・・
それもわかっている。
けれど、その気持ちを差し引いても
やっぱり・・・『ありえない』

そう、この言葉しか思いつかなかった。
僕らはこの日を境にこの病院へ行くのをヤメた。





1220_IMG_0215


それから、数日後、、、


最初からここへ来れば良かった(>_<)


と、つくづく後悔したのは
とある動物病院の診察室でだった。

ここはとても歯科医療に力を入れていて
テレビや雑誌などでも度々紹介されていた。
歯や口腔内に強く、さらに骨折についても知識がある病院を探す中で
唯一ここならばと思ったのがこのF動物病院だった。

もちろん診察は院長先生に診ていただいた。


「なぜこんなになるまで・・・
 もっと早く連れてきてくれれば・・・」


院長先生の最初の言葉はこれだった。



1220_IMG_0199



院長先生の口から次々と飛び出す驚愕の事実に僕らは愕然とした。


まずは、ハルは重度の・・・それもかなり進行した歯周病だということ。

サンにぶつかられたのは単にきっかけであり、
 それがなくてもいずれゴハンを食べるとか何気ない行為で
 下顎は骨折してしまったであろうということ。

また、骨を繋ぐためのワイヤーが細菌の温床となってしまっていたこと。

そのワイヤーは骨折箇所から外れてしまっているうえ、
 歯肉を突き破り舌さえも傷つけていたこと。

さらに、口腔内に飛び出たワイヤーから細菌がどんどん中に入り、
 ものすごいスピードで下顎骨を溶かしていること。

そして、何よりも驚いたことは、院長先生いわく、かかりつけの病院は
 そういった知識が全くなかったのではないかということだった。



それというのも、通常の下顎骨の骨折だけならば、
ハルが受けた手術で間違いはないらしいのだが、
しかし、それが「骨折」+「歯周病」の場合は、
特に小型犬は要注意だそうだ。

なぜなら『歯周病』はヒドくなると細菌がどんどん繁殖し、
歯根周辺の骨を溶かし、さらに下顎の骨が吸収され
薄くなってしまうのだそうだ。
だから、まずは「歯周病」をやっつけなければ
治る骨折も治らないというわけだ。
 

なので、ハルが最初に受けた手術・・・
抜歯もせず、歯周病でおかされた口腔内をそのままにして、
骨折した下顎骨をワイヤーで固定するということは、

細菌さん、どうぞ好きなだけ

骨を溶かしてください!

・・・という行為なのだそうだ。


「そこの病院が知識がなかったとはいえ、
 正直いってありえない治療の仕方です」




たしかに、かかりつけの病院でも「歯周病」の認識はあった。
しかし、歯周病でグラグラした歯を抜くと、
そこも骨折してしまう恐れがあるため抜歯はできないと言っていた。
そう言われてみてから色々想い出してみると、
かかりつけの病院は歯周病を伴う下顎骨折の治療について
の知識や経験は全くなかったのかもしれない・・・。

おまけに、、、これにも結構驚いたのだが、
数ヶ月前に撮ったCTデータをF動物病院にも持参して見てもらったのだが、
かかりつけの病院長が「絶対外れてない!」と言い切っていたが、
ここの院長先生も検査技師と全く同じ見解だった。


2対1・・・やっぱりワイヤー外れてたんじゃ〜ん。
かかりつけの病院は一体どんだけヤブだったんだ(-_-;)

そう思わずにはいられなかった。



1220_IMG_0200



それと院長先生はハルのこの状況を見て、
かなりの痛みを毎日感じていたはずだと言った。
僕らは少しでもよくなるようにとしてきたことが、
ハルにとっては苦痛の毎日でしかなかったのだと思うと、
本当に本当に胸が苦しくなった。

もっと早くこの病院へ来ていれば、
ハルの苦痛も最小限で済んだのに!

かかりつけ病院で「?」を感じたあの時、
あの瞬間になぜ行動を起こせなかったのか悔やむばかりだ。


普通、歯周病についての知識がある病院ならば、
重度の歯周病の子の場合、問題のある歯は
そこが骨折しようが全て抜いてしまうそうだ。
そうしなければ細菌の繁殖を止められず、
ハルのようには骨を溶かしてしまうからだ。
当然、F動物病院でもほとんどの歯を抜くことになると宣告された。



余談だが、小型犬は大型犬に比べ、
歯根部の底が下顎の骨の底と同じくらいの位置にある。
大型犬は身体に比べ歯が小さく密度が薄く下顎の骨が厚く頑丈だが、
小型犬は身体に比べ歯が大きく密度が濃く下顎の骨がその分薄く弱い。
そのため下顎骨の歯周病が進行し骨が溶け出すと、
下顎骨が吸収されてさらに薄く脆くなり簡単に折れてしまうのだそうだ。
なので、普段からのデンタルケアが大事だとのこと。
歯磨きが不充分だと、食べかすが溜まり細菌が繁殖しはじめ、
歯肉が腫れて歯肉炎になり、さらにそれがひどくなると
歯石や口臭が増え歯周炎となり、重度になると顎の骨を溶かしてしまったり、
鼻腔や顔などにも穴が開いてしまうこともあるそうだ。

そう、、、歯周病をバカにしてはならないのだ。


ちなみに歯周病になりやすいワンコは、、、

小型犬(特におとなしい子やイタズラをしない子やオモチャで遊ばない子)
パグや狆などの短頭種
高齢犬や免疫力の低下している犬
デンタルケア不足の犬

、、、だそうだ。思い当たる方は今すぐにでも歯磨きを!




1220_IMG_0210



初めての診察だというのに
術例や模型等を使って丁寧な説明をしてくれた上に
わからないことは全て納得いくよう説明してくれた。

そんな院長先生とよく相談した結果、
まず悪い歯をすべて抜き、細菌の温床となっているワイヤーを外し、
細菌で侵された骨折箇所の骨を削り、骨移植をして、
プレートなどは使わず歯肉だけで固定をすることになった。
 
しかし、開いてみないことには、、、
現在どれだけ骨が溶けてしまっているかわからないので、
その状況によっては歯周病の治療のみで、骨折自体は直せないかもしれない、、、
骨の両端を丸く削り一生骨が離れたままで過ごすか、
最悪、下顎自体を切除する可能性もあるという説明を受けた。

さすがに下顎切除は戸惑ったが、覚悟しなければならない・・・


手術は年末、、、この時点でハルは年越しを病院ですることが決まった。
ただし、F動物病院はありがたいことに年末年始もやっているとのことなので
面会時間内であればいつでもハルに会えるという。これにはちょっとホッとした。


約10日後、、、ハル入院。
またしても麻酔&手術・・・これが本当に本当に最後だよ。
そう言い聞かせ、ギュッと抱きしめ病院に預けた。
手術の時間がいつになるかわからないため
一旦帰宅するが落ちつかない・・・

夕方、自宅の電話が鳴る。院長先生だった。
 
開いてみたら4mmどころか、

15mmも溶けてしまっていて

骨折箇所の治療はワイヤーを外し、

細菌に感染した骨の切除までしかできない

とのことだった。
正直ショックだったけど、その可能性もあると聞いていたので
悪い方に転がったんだと受け止めるしかなかった。

それにしても・・・4mmと思っていた場所が15mmもあいてたなんて。 
よくなりますよ〜に!と毎日過ごした3カ月間の間、
少しずつ少しずつ細菌達がハルの骨を蝕んでいたと思うと・・・!!!
おまけにワイヤーが歯肉を突き破って口腔内に出ていれば
痛くて痛くて、ゴハンだってまともに食べられないよなぁ。
顔だって触れたくなかったよな・・・(-_-;)

やっぱりダメな飼主だ。
ハル・・・本当にごめんm(_ _)m



でも、
院長先生の話しはそれで終わらなかった。
まだ可能性は残っていると言う。


望みが完全に消えてしまったわけではなかったようだ・・・。



つづく


現在の小さな勇者ですが
だいぶ元気になってきましたよぉヽ(*´ヮ`)ノ
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ 

関連過去記事→| 動物病院の選び方 | 小さな勇者1 | 小さな勇者2 | 小さな勇者3 |
       
| 小さな勇者4 | 小さな勇者5 |




再手術の翌日、面会に行くと担当の医師は困ったようにこう言った。



「ハルちゃんの口が閉まらないんです」



たしかに入院中のハルの様子をのぞくと
虚ろな目をしたまま、だらしなく口が開いていた。
 
この日はまだ院長は休暇中だった。
代わりの医師はまだ若く、
あたふたと少し動揺しているようにも見えた。

その若い医師は、再手術をした別の病院の医師に
相談、再診察をしてもらった結果・・・



「もしかしたら、下顎が折れているだけでなく
 顎の付け根が外れているかもしれません」



・・・と、今度は何を言うかと思ったら、そんなことを言い出した。
まずは顎の骨が折れているんだから、普通はその周辺もレントゲンを撮った時に
気にしてみたり、触診してみたりするのではないのか?
聞いてみるとなんだか曖昧な返答だけで、納得のいく答えはもらえなかった。
 

ちなみに、もし本当に顎が外れてしまっていたら、、、
通常の治療法は脱臼した腕をはめるように
顎を押さえカクンとはめるだけでいいらしいのだが
下顎を骨折中のハルにはそれは出来ないとのことだった。
そのため、ハルの場合は、また麻酔をかけて顎の付け根にメスを入れ
直接、外れた顎をはめるしかないというのだ。



話し合いの結果、まずは『CT』を撮り確認することになった。
また麻酔をかけることに抵抗がないといえば嘘になるが
そのままでいいとも思えなかった。 

なんだか浮かない気持ちのまま家路に着いたのだが
段々とかかりつけの動物病院への信頼が薄らいでいくのを感じていた。






それから数日後に退院、、、


_MG_4646

 
ハルの口はあれだけ騒いだ割には、だいぶ閉まるようになっていた。
たしかに相変わらずゴハンは食べにくそうだし、
普通にしていても、以前に比べ常に口が半開きのままだったが
まったく口が閉じられないということではなく、
なんとなく口がひらいたまま・・・という感じだった。


0819


また、腰骨辺りから骨を削られたため、
その傷も痛々しかったがハル自身、その部分については
さほど気にする様子もなく過ごしていた。


 
0910


退院してから約1週間後、別の病院に『CT』を撮りに行った。
僕は仕事のため同行できなかったのだが、妻がハルをその場所へ連れていった。
スキャンが終わり、しばらくして今回も麻酔から無事目を覚ましたとメールがあった。

帰宅した妻から顎の付け根自体は何の問題もなさそうだと報告を受け
まずはホッとするが、1つ気になったことがあった・・・
『CT』を撮ってくれた医師がこう言ったというのだ。


「骨と骨を繋いでいるワイヤーがどうしても光ってしまうので
 ハッキリとは言えませんが、、、、定かではないのですが
 どうもワイヤーが外れているようにも見えるのですが・・・」



? ? ?

一体、この[?]はいつまで続くのか・・・
 

0825-2


当然、不信感を心の隅に持ちながらも
けれど僕らは『CT』のデータを持ってかかりつけの病院に向かっていた。

今、考えれば・・・と思うことはいくつもいくつもいくつも・・・
そう数えきれないくらい決断すべき場所があったのだが
それは今だからわかることであって、
この時点では、まだ[?]と感じながらも
何かが僕らをこの場所に留めていた。


_MG_2827


かかりつけの病院へ行くと院長が休暇から戻っていた。
『CT』のデータをみせると、問題はないと・・・そう言った。
もちろん、ワイヤーが外れているかもしれないと言われたことも伝えたが
院長は外れているようには見えないと・・・大丈夫だと、そう言った。

そこまでは、まだよかった、、、
しかし、次の言葉に院長への信頼が、完全に音を立てて崩れはじめた。


「ハルちゃんの顎の骨は、歯周病で細くて脆かったので
 だから最初の手術の後、顎を動かす度に
 開けた穴が崩れてしまったのかもしれませんね
 とにかく、今回、顎が外れていなくてよかったですね」


・・・と。


なにぃ〜〜〜〜!? 細くて脆かった・・・だと!?


たしかに僕はキチンと質問をしていた。
1回目の手術の後にハルの骨の様子と強度のことを・・・
とても気になっていたことだったから、確認したことも
どう院長が答えたかもしっかりと覚えている。


「たしかに歯周病で歯の状態は決して良くはありませんが、
 顎の骨自体は異常に細いとか、柔いということはなく
 しっかりしていましたよ」


しかし院長はこう言ったことをすっかり忘れているようだった。
いい加減だな・・・とそう感じたのは言うまでもない。



 

_MG_1510


再手術をして、CTまで撮って
もう僕らができることは何もないと、この時点では思っていた。
後は骨がつくまでの数ヶ月間待つしかないと
・・・ただただ、そう思っていた。

本当に今考えるとバカな飼主だと思う。
 
反省どころか自分を罵りたくなるが、
あの時は、もう後は待つしかないとそう思った僕らは、
不信感を募らせながらも、それでも律儀に数週間に1度は
診察のためそのかかりつけの病院へ通っていた。
 

_MG_2581


『CT』を撮ってから、約2ヶ月くらい経った頃
様子を見るために麻酔なしでレントゲンを撮った。
その結果・・・


「よかったですね!順調です!」


・・・と。ホッと胸を撫で下ろす。
ハル自身、口の様子を気にする仕草は相変わらずだったが、
この頃にはすっかり甘えん坊のやんちゃ坊主に戻っていたし、
見た目はだいぶ元気に見えた。


0825-1
 

どうか骨がこのままくっつきますように・・・
そう願いながら毎日を過ごした。



しかし、またしても事件が起きた。
順調ですと言われた日より、ちょうど1ヶ月ちょっと経ったくらいから
急に顔付近を触られることを、ものすごく嫌がるようになった。
術後からずっと流動食のような柔らかい食事を与えていたため
どうしても口元が汚れるので、拭かないわけにもいかず
僕らは日々細心の注意を払いながらそっとそっと拭いていた。
にもかかわらず、それまで静かに拭かせてくれていたハルが
段々と顔を背くようになり、しまいには顔を拭こうとすると
痛みがあるのか、ものすごく暴れるようになった。


_MG_2367


おまけにアムアムと口を動かす仕草が増し
手を口につっこみ掻きむしる姿も、また頻繁に見られるようなった。
また、大好きなゴハン時も今まではパクパクと食べていたというのに
時折、食べるのをピタリとやめると、頭を低く下げ身動きせず、、、
というへんな行動をとるようになった。 


何かがおかしい・・・


あまりに様子がへんなため予定よりも少し早くなってしまったが
今度は麻酔をかけてレントゲンを撮ることに・・・











その結果が最悪だった。
ありえない出来事に目の前が真っ暗になり
現実を受け止めるのに少し時間がかかった。



「下顎の骨折箇所が溶けてしまったようで
 4mmくらい隙間があいてしまった。
 そのためワイヤーも外れ、
 現在は歯肉でくっついている状態です。」



耳を疑う診断結果だった。
そして、院長はこれ以上はウチでは治療できないと
散々振り回した挙げ句、最後には他の病院を紹介しますと投げ出したのだ。
 

_MG_7280



ありえない・・・
信じられない出来事だった。


こんなことがまかり通っていいのだろうか。
たしかに医師は神ではない、、、
けれど、これではあんまりではないか!

何を信じればいいのか、誰を信じればいいのか 
それすらわからなくなってしまいそうだった・・・



ポチッ!と応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ    

関連過去記事→| 動物病院の選び方 | 小さな勇者1 | 小さな勇者2 | 小さな勇者3 |
       
| 小さな勇者4 |




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長々続いておりますが、、、実は序盤を迎えたばかりなのです。
色々ご意見やご感想もあるかとは思いますが、
もしよろしければ、もうしばらくお付き合いくださいm(_ _)m
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



まるで口元の毛が伸び、口の中に入り込むため
それをしきりに気にしながらアムアムと口を動かす仕草。
といえば想像つくだろうか・・・
下顎骨骨折とわかる以前からこの仕草はしていた。


けれど、後ろにひっくり返ってしまいそうなほど
大きな口を開け、
そこへ手をつっこみ掻きむしるような仕草や
この動画のような口の震えは術後からおこるようになった。





聞こえるだろうか・・・小さなカスタネットのような音が。
小刻みに震える口の中で歯がぶつかる音だ。
そして、口を閉じる度に、なんとなくだが左に下顎が動くのだ。
決して寒いワケではない。これは真夏に撮った動画だ。


術後の様子を見せるため週1〜2のペースで
病院に行っていたけれど、その度に気になる仕草について
聞いてはみたけれど、ワイヤーが気になるだけだと言う返答だった。

けれど、それでもあまりに気になることが重なるため
動画や写真などを病院へ持参し見てもらい
念のため無麻酔でレントゲンを撮ってもらうこと。



もしかしたらワイヤーが緩んでいるかもしれません
・・・と。



え・・・? それって失敗???

もちろんこの時に大きな「?」が
頭に浮かんだことは言うまでもないが
だからって、そのままの状態でいいわけもなく・・・
とりあえず冷静に説明を聞くしかなかった。
その説明後、そのような場合どうしたらいいのかとたずねると
再手術をして緩んだワイヤーをしめなおすしかないとの回答だった。

おまけに手術をした当の病院長はしばらく夏休みをとっていた。
この病院には他にも何人か医師がいるのだが
こういった手術はできないようだった。

そのため病院長と
提携病院の医師が連絡を取り合い
再度、今までのカルテとレントゲンを見ながらハルを診察した。
術後のレントゲンを見る限り、最初の手術でしっかり固定されていたと・・・
にもかかわらず、何度も何度も顎を動かしたことで
ワイヤーが緩んでしまったのではないかということだった。


正直、その結果に色々思うことはあったが
けれど、この緩んだ状態でいいわけがなく
結局、今度はその医師が緊急で再手術を行うことに・・・。
 

0730


最初の手術からたった3週間ほどで
またさらに手術を受けることになるなんて想いもしなかった。


また、麻酔をかけるのだ・・・。


本来、犬や猫を飼ってる人ならば誰もが思うことだと思うが
できるならば1度だってかけたくない「麻酔」
でも、避妊や去勢手術のために、
やむなく・・・という方も多いだろう。
僕らもそれは同じだった。

しかし、ハルはこの年4度目の「麻酔」。
あの小さな身体が耐えられるのだろうか・・・
居ても立ってもいられないまま手術が終わるのを待った。


再手術は、骨ができるだけ早く形成されるように
腰骨の辺りの骨を削り、その骨を骨折箇所に挟み
ワイヤーで固定するというものだった。

手術は無事成功・・・
前回の手術も2度目の手術も、今となれば成功ではないのだが
しかし、この時点では成功したと思っていた。

結局のところ、再度開いてみると
骨と骨を繋ぐために開けた2つの小さな穴のうち
後ろ側(口先側ではなく顎側)の穴が崩れてしまっていて
ワイヤーが外れてしまっていたとのこと。
なので、崩れてしまった穴よりもさらに奥側に再度穴を開け
ワイヤーをしめなおすという処置がとられた。










今度こそうまくいきますように・・・
どうかどうか骨がくっつきますように・・・

















しかし、そう思ったのもつかの間・・・
翌日、入院中のハルに面会に行くと先生はこう言った。




ハルちゃんの口が閉まらないんです。


 

・・・僕らは言葉を失った。



 


今回も長々読んでくださって
ありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ   



hogoken
ホームページへは上のバナーをクリックしてね!
ここでも保護犬ベルの様子が見られるよ→「WAN MOMENT   
 

このページのトップヘ