Bowwow Poo

僕と妻と6ワンコと・・・時々、水耕栽培。これが結構楽しい毎日なんだ!

カテゴリ:家庭菜園/水耕栽培 > オクラ

オクラの話しが続いてますが・・・
ここからは今年2013年の話し。

今年は5月に入るまでは意外と寒い日も多く
ホームセンターにもなかなか野菜の苗が出て来なくて
いつからやるかなぁ〜なんて思いながら
仕事部屋でオクラの種まきだけはしていました。

しかぁ〜し!なぜか芽が出ない。
去年はなんなく発芽させることができたのに
種が古いのか、寒いのかなかなか芽が出ず
痺れを切らしホームセンターへ・・・

【20130516】
20130516-1

結局、苗を買っちゃった(^_^;)
それも1ポットに緑と赤のオクラが1本ずつのタイプで
なんかお得な感じがしたので2ポットゲット。
さっそく自作水耕栽培器へ移植・・・

【20130522】
20130522-1

今年のオクラは初の完全水耕栽培。
培地はなく苗を支えているのはスポンジだけ。
最初は根が液肥まで届かないので、吸水性の高いセーム革を細く切り
苗と一緒にスポンジにはさんで、セーム革は液肥に浸す。
こうすることで枯れちゃう心配はなくなるんだけど、
固形培地耕に比べて根付くまでが不安定な水耕栽培・・・
このようにしてあげてもたまにダメになっちゃう苗もあるんだよね(=_=)

【20130522】
20130522-2

だけど、こんな感じに真っ白い根が伸びてくれば一安心。
こうなればダメになることはまずないかな。
ふと気づいたんだけど、、、
買ってきた時は土で栽培されていたこのオクラ、
水耕栽培にしてからは、土の時の根の成長が止まっているんだよねぇ。
水耕栽培用に新しく根が伸びてきたって感じなのだ・・・
それぞれ状況に応じた専用の根があるのかなぁ〜。なんか不思議!

【20130526】
20130526-1

根が伸び、液肥に届いちゃえば
あとはこれといってすることなし(・∀・)
グングン成長してくれることを祈るくらいかな。

【20130603】
20130603-1
 
そうそう仕事部屋で種まきしておいたオクラが
やっとこさ数個だけ発芽してたんで、一番育ちの良い子を
空いている場所にセットしてあげたよ。

【20130603】
20130603-2

6月に入っても梅雨入りとか言いつつも、
良い天気が続いていたからもう勢いよく育つ育つ!
すでにこんなに大差があるけど、
右端の子も負けずに育ってくれるといいなぁ。

【20130603】
20130603-3

このくらい上が伸びてくると下の根も
ほらこの通り・・・ものすご〜く伸びてるでしょ(*^O^*)
液肥は水中ポンプで常に水流を作り、
さらに水中ポンプにはディフューザーがついているので
根に常に酸素を送ることもできるのだ。
 
僕が使っている水中ポンプはこれね。
本体 ニュースペースパワーフィット S 関東当日便
ニュースペースパワーフィット S

毎年使っているけど、パワーもなかなかだし
とっても活躍してくれる水中ポンプですよ。

【20130606】
20130606-1

昨日辺りから、やっと梅雨らしくなってきたので
これからしばらくは野菜達にとってツライ時期だね。
太陽がサンサンと降り注ぐ夏まで頑張らなきゃだな。

20130610-2

それにしても、予想していたよりすでに混雑してるなぁ(^_^;)
やっぱRVBOX400にオクラ5本はきつかったかなぁ・・・
これ以上混み合うようであれば、水耕栽培器を追加しようかね。


いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


 

ずっとためっぱなしの家庭菜園写真があるので
しばらく蔵出ししながら、今年の様子と合わせて紹介していこうかと。
なので、しばしお付き合いください。 

まずはオクラから。
実は僕はオクラ苦手で食べられません(^_^;)
でも、妻の大好物なので2年ほど栽培しています。

【20120614】
20120614-1
 
ちょうど1年前の写真。2012年の様子です。
このときは百均で買った小さなカゴにバーミキュライトを入れて
そこへ種から育てたオクラの苗を移植。液肥のみで育てます。

実は液肥で育てる養液栽培には大きく分けると2種類あって、

培地を用いないものを「水耕栽培」
培地を用いたものを「固形培地耕」

っていうそうだ。

なので、2012年のやり方は「固形培地耕」だね。
でも、最近は培地があってもなくても
液肥で育ててるものはみんな「水耕栽培」って
呼ばれてるみたいだけどね。

【20120614】
20120614-2

オクラってキレイな花が咲くんですよぉ。
その花が萎んでポロリと落ちると、
そこからグングンオクラが伸びてくる。

ちなみに上の写真にある銀色の物体は・・・
液肥を入れた2Lペットボトルなのだ。
白い入れ物には液肥が1cmくらい入っていて
それをオクラが吸ってなくなるとペットボトルの底に空けた穴から
液肥がちょっとずつ出てくる仕組みになってます。

でね、液肥ってね、しっかり遮光しておかないと、
アッという間に藻で緑色になっちゃうんだよね。
そうなっちゃうと液肥の栄養分を藻に持って行かれちゃうわけ(^_^;)
なので、遮光は要必須なんですねぇ。 

【20120629】
20120629-1

オクラの栽培自体は至って簡単。
液肥が藻にやられないように注意すれば
これといって気にすることはないかな。
虫にも病気にもわりかし強い感じだしね。

【20120629】
20120629-2

まぁ〜しいて言えば背丈が伸びるので支柱は必須。
2012年は小さなカゴで育てちゃったばっかりに
風が吹く度倒れてしまったオクラさん(^_^;)

【20120703】
20120703-1
 
でも、風にも雨にも台風にも負けず
たくさん収穫することができましたよ。
6〜10月頃までコンスタントに収穫できたので
長めに楽しめる野菜かと思います。

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


このページのトップヘ