Bowwow Poo

僕と妻と6ワンコと・・・時々、水耕栽培。これが結構楽しい毎日なんだ!

カテゴリ: ハルのこと

先日のこと、、、「HAPPY POODLE」 さんにて
またハルの洋服をオーダーしました。

0A5A86200A5A8594

ハルって本当ならば3kg台の
体重があってもよさそうな体型なんだけれども、
実際は2kg中間〜後半の体重しかなく、、、

0A5A8581

わりと食べムラもあり、食べないとすぐに体重が落ちてしまう。
そんなハルも最近は食欲も安定しているためホッとしてるんだけども
けど、やっぱねぇ・・・痩せっぽちなんだよなぁ。

0A5A86610A5A8668

だから、寒くなってくるとハルだけは常に洋服を
・・・って思ってしまう。
でも、特に市販のツナギはサイズが合わないんだよなぁ(´д`)

0A5A8685

体重で合わせれば、着丈が足りずギュウギュウ
着丈に合わせれば、今度はブッカブカ・・・
そう、いつもそんな感じ(=_=)

0A5A86320A5A8623

でも、最近はつお〜い味方がいるのだヽ(^。^)丿
それは「HAPPY POODLE」 さん。
ウチと同じで大小のプードル飼いのオーナーさんが
運営されているワンコ服SHOP。

0A5A8625

もともとはサンとアリスの洋服をオーダーしたところから
お付き合いが始まったんだけども、、、
あまりの可愛さにすぐさま同じデザインの洋服を
チビ達にもオーダーしちゃったくらい(*^m^*)

0A5A87210A5A8731

とにかく可愛いし、とにかく安い!
オーダーでこの値段で作って下さるショップって
なかなかないんじゃないでしょうかね。

0A5A8700

その後、1度試作でツナギをいただいたことがあって
そのツナギもさすがにボロボロになってきちゃったので、
今年は4着ほどお願いし、作っていただきました(^^)

0A5A8741
これが前回試作品としていただいたツナギ。パジャマみたいでかわいいのら。

今回の4着もまたどれも可愛くってね。
それも、ビックリしたのが、わざわざブログでハルの写真を見ながら、
さらに着やすいように新しく型をおこしてくださったそうで、
いやはや、本当頭が下がりますm(._.)m

0A5A8651

ノエルママさん、この度も素敵な洋服をありがとうございました!
あまりに可愛いので、また来年早々お願いしちゃおうかと
思っているところであります。あは。

0A5A8558

そうそう、ハルだけズルい!!とは言わないにしても
せっかくなんで姉ちゃんと兄ちゃんにも洋服を買ってあげました。
兄と弟はお揃いなんですよぉ(´∀`)かわええ〜でしょ〜〜〜

0A5A8775
『ツナギありがとだよ。父ちゃんはボクゥを見る度デレデレだよぉ』


いつもポチッとありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ





 

え〜っと、そのぉ〜
決して意地悪とかイタズラしてるわけ
じゃないんですよ・・・(^_^;)

IMG_8564
『ここならボクゥは安心なのだ』

洗濯カゴにスッポリはまったハル君ですが、、、
時々ここにいてもらう時があるんです。ふふふ。

IMG_8566
『ボクゥはとぉ〜ちゃんのご用が終わるまでここで待つのだ』

リビングででっかいチームが元気にはしゃいでる時は
基本ハルだけは自由にしません・・・できませ〜〜ん(>_<)
もしかしたら、今なら大丈夫なのかもしれないけれど
というか、ワンコとの付き合いは大小関係なく、ハルが一番上手なんだけれど
なんせ過去にサンがぶつかったことで顎を骨折という経験をしているワケで
家の中とはいえどもなんだかなんだか心配で・・・
でっかいチームがまったりしてる時以外は
ハルは抱っこやクレート、または一時的だとこうして
拉致られる確保されることが多いのだ。

といっても、一日のほとんどを父ちゃん部屋で過ごすハルなので
1階にいる方が珍しいんだけども・・・(笑)

IMG_8574
『あ、アリちゃんだ』    『あ〜いいなぁ、アタクシも入りたいわ』

ま、ちょこっとハルを連れて仕事部屋から下の階に降りてきて
その後、まれに僕の両手が塞がってしまうような時はここへIN・・・というワケ。
でもハル坊ってば、意外にも四方囲まれたこの場所が落ち着くらしく
それはまぁ、の〜びりした顔で待っていてくれます(^^)

IMG_8578
『それは無理だと思うよぉ』  『どうしてよぉ〜アタクシすごく柔軟なのよー』 

ま〜いつでもどこでも可愛いハルなのであります。

な〜んてたわいもない話しでした。チャンチャン♪

いつもポチッとありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ


 


IMG_6478

父ちゃん子のハルはね、夕飯の時、僕がコタツに入ると
待ってましたとばかりに、ヒザに飛び乗り
こうやって父ちゃんの立派な腹に手を回し
必ずベタ〜〜〜〜〜ってしてくるんだ。

実はちょっと飯が食いにくいんだなぁ〜
でも、ヒザから何度下ろしてもあきらめず
またこうしてくるんだよねぇ(^^;)

ルーチェがやってきてから
さらに甘えん坊になったような・・・

約2年前、ウチに来たばかりの頃のハルからは
考えられない行動なんだけどね。
だって、あの当時は無表情・無感情だったから。

でも、今ではこんな風にいつだって
まっすぐに感情を出してくれるようになったんだ。
僕はそれが何より嬉しくて、、、本当に嬉しくてね。

そんな永遠のパピー「ハル」に
父ちゃんもメロメロなのであります。


いつもいつも
ポチッとありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ


うしし(^-^)
本日も届きました♪ 届きました♪

IMG_5406

先日、サンとアリスに「HAPPY POODLE」さんで
洋服を作っていただきました
あまりの可愛さにいてもたってもいられず
即チビ3ワン用にもおそろいの洋服を
お願いしちゃいましたハルパパ家です(^-^)

IMG_5408

実は、その注文の際、追加でハルのツナギを相談してみました。
通常「HAPPY POODLE」さんではツナギの販売はしていないのですが
今回、快く相談にのってくださり、注文した洋服と一緒に
「試作品」のツナギを送ってくださいました! 

IMG_5415
『どうぉ?ノエルママさん、ボクゥ似合ってるかなぁ♪』

手足が長く体高も着丈にあるわりに
胴回りというよりは全体的にやせっぽっちのハルは
なかなか合うツナギがありません(´д`)
着丈はちょうどいいけどブカブカとか・・・ 
ピッタリだけど着丈が短く猫背になっちゃうとか・・・ね。

IMG_5410
『でもなんで・・・せっかくの撮影なのにプリンターの上なのさぁ(´д`)』

なので、ハル専用のかわいいツナギを
試作していただけたこと大感激の父ちゃんでございます。

おまけにお出かけ用というよりかは室内着っぽいのを!と
希望したのですが、まさにドンピシャ!
パジャマみたいで、めっちゃ可愛いです。

ノエルママさん、本当にありがとうございます(*^_^*)

IMG_5421
『ノエルママさん、ボクゥに素敵なツナギありがと。とっても気に入ったよぉ』


すっかり肌寒い今日この頃、、、
温かいツナギが出来てハルもヌクヌク過ごせます。

それから、、、実は前回もなんですけど、
今回もオマケ(?!)の洋服が同封されていまして・・・(^^;) 
そんなに大サービスで大丈夫なの?!と心配しながらも
嬉しくてついつい着せちゃいました。

IMG_5435
『やっぱりモデルといえば、、、振り向きポーズよね!』
 
またまた、かわいいプレゼントを
どうもありがとうございました!!!

さ〜て次回は・・・
お揃いの洋服をドドーンっとお披露目したいと思います(^^)

IMG_5439
『ワタシのはピンクよ。楽しみだわ』


おったのしみにぃ〜〜〜ヽ(^。^)丿



いつもポチッと
ありがとうございます(^^)
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ 

我が家のちびっ子ハル坊は
好き好きアピールをする時は
決まって頭を低くし、スリスリすり寄ってくる。
僕らはこの行為を『モニョモニョ』と呼んでいるのだが
いやぁ〜これが、まぁ〜しつこいんだな(^^;)

いつまでもいつまでも続けるんだ。
それを急に預かり中の保護犬ロンにしだしたんだ。



いきなりの行為に
最初は面食らってたロンだけど
次第に面白くなってきたのか
しつこいハルにも上手に対応してくれた。

ロンを預かって丸1ヵ月以上になるが
彼が唸ったり、歯をむき出したりする姿は見たことがない。
穏やかで優しく、おおらかでいつでもゴロゴロ(*^-^*)
ほ〜んといいヤツである。


IMG_2259
『あのぉ、もうちょっとしませんか?』  『もうボクゥは満足です』


そう、こ〜んな気まぐれなハル坊にも
怒ったりなんてしませんよ。

遊んでくれてありがとな、ロン!


IMG_2283
『でへ、だって結構楽しかったですよ』


いいヤツ代表ロンへのお問い合わせはこちら▼
LaughWoofバナー



ポチッとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

IMG_3371

普段は僕の仕事部屋のクッションの上で
ダラ〜リとお昼寝三昧のハルだけど
必ずある時間になると、こうして扉の前に移動する。

IMG_3374

ピシッ!と背筋を伸ばしてお座りちう。
誰を待ってるかというと、、、
ベランダへ洗濯物を干しに行く母ちゃん。

IMG_3380

でも、さすがに暑いから「今日はダメだよ」と扉は開かず。
それでも諦めず、今度は窓際で懸命にアピール。

IMG_3387

その結果、どうにか出してもらったのはいいけれど、、、
肉球大丈夫かぁ〜〜〜?! 歩き方ヘンだよぉ(笑)

IMG_3381

茶組の日課といえども、、、
さすがに暑そ〜だなぁ(^^;)



気をつけろ〜〜〜!
干からびちゃうぞぉ〜〜〜\(-o-)/ 
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ  


 

   



今日は朝から母ちゃんとネオは
ドッグヨガの生徒さん達と遠足へ・・・
今頃、軽井沢でドッグランやらドッグカフェやら
色々と楽しく過ごしていることでしょう(^o^) 


IMG_7901
 『ボクゥも軽井沢食べてみたいです』  『軽井沢は食べ物じゃないわよ』


さて、そんなわけで父ちゃんはお留守番&お仕事です。
もちろん、残りの4匹もお留守番なのですが、、、
最近この2匹の様子がなんだかかわいいんです(ボサボサですけど)。


IMG_7912


何度も書いてますが、長女のココはとにかく犬も人も苦手で
近寄られるとすごい勢いで威嚇をします。
でもね、元保護犬ハルには引き取ったその日から
意外と平気というか、優しいというか、、、


IMG_7892


早いもので、あれから1年と8ヶ月が経つけれど
さらにこの2匹の距離が縮まったような気がしてるのだ。

ハルから遊びに誘うのはしょっちゅうだし
決して上手ではないけれど、ココも自分から遊びに誘ったりと
なかなかいい関係の2匹なんです。


IMG_7897
『時々うざいけどね。でも、ワタシ、ハルのこと大好きよ』


2匹とも父ちゃん子ってことで、
僕の仕事部屋に一緒にいることが多いからかなぁ・・・。

もちろん、サンとアリスのような仲の良さではないけれど
ココとネオの関係とも違う、、、ココとハルだけの特別な関係。

最近はそういった様子を度々見ることができるので
ほのぼの気分になっちゃう父ちゃんなのであります。


IMG_7908
『ココ姉ちゃ〜ん、アソボ』  『アンタ、それはちょっと近すぎっ』


ただね、やっぱり急激に近寄られるのは
ココさんってば苦手なようで
たまにこんなイヤ〜な顔もしたりするんですけど。

でも、この対応を見ていてもココも
成長したなぁ〜としみじみ思うのです。

ま、他のワンコにだったらこうはいかんからね(^_^;)


IMG_7932
『ほら、ハル記念写真よ!』 『ボクゥはもっとココ姉ちゃんの近くがいいです』


考えてみれば最初は1匹だったココ。
でも、すぐにやんちゃな
ネオがやってきて、
真っ黒怪獣お転婆な妹サンがやってきて、
ちっちゃい弟ハルがやってきて、
またまたでっかい妹アリスがやってきて・・・と
ココもすっかり4匹のお姉ちゃんになったんだな〜って。


IMG_7956
『じゃ、もっと側にいらっしゃい!』    『えへへ!やったね』 


そしてねそしてね、、、
こんな感じにココの体にくっつけるのは
実は今でもネオだけなんです。

でもね、最近は少しずつ
ハルともそうできるようになってきて
それがなんだか嬉しくてね・・・


IMG_7938
 『だって、ボクゥね、ココ姉ちゃん大好きなの


なんか、とっても小さな出来事だけど
目尻が下がりっぱなしの父ちゃんなのです(^-^)


同じく目尻が下がった方は
ポチッとな(^^)v
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ  


 

 
 

IMG_2440



ボクゥ、ハルです。
おはようだよ。


昨日、父ちゃんに顔バリされちゃったんだぁ。

っていうかね、
ボクゥずっとボサボサで
伸び放題だったからさぁ・・・


IMG_2346


どうやったらキレイにしてもらえるか
色々考えたんだぁ〜〜〜。

でね、
ボクゥのお部屋をうんちで
汚くしてみたの・・・(^m^)

うふふ。効果覿面だった!
即、お風呂でちゃぷちゃぷしてもらったよぉ。


IMG_2349


ボクゥ、何度も手術してるから
なかなかお風呂に入れるチャンスが今までなくて
退院してからも、吐いてばっかりで
なかなか調子がよくならないから
父ちゃんも母ちゃんも心配してさ・・・

だから、こんなにボサボサになっちゃったの、
ボクゥ
でも、さすがにこれは伸び過ぎだよねぇ。
最近は結構暑いしさ、サッパリしたかったんだもん。


IMG_2356


久しぶりのお風呂はとっても気持ちよかったんだけどね、
やっぱり、ボクゥね、、、手足触られるの苦手だぁ。
だから、手も足もこうしてしまっちゃうの。

普段なら足裏バリカンしてからお風呂なんだけど
この時はしないでお風呂直行だったから
てっきり足裏バリカンないんだと思ってたのにさぁ。


IMG_2357


そしたらね、父ちゃんが言うんだ。
「そりゃオマエがウンコフミフミしたからだろ」って・・・

そうか、それで足裏バリカン、後になったんだね。
あ〜ボクゥの計画ミスだったよぉ。

うん、今度は足裏バリカンされない計画を
上手に立てなきゃな・・・立てられるかなぁ?


IMG_2358


それとね、ボクゥはベアの方が可愛くて好きなんだけど
毎回ごはん食べる時に口がベチョベチョになっちゃうから
父ちゃんが顔バリにしよう!って、ボクゥに相談もなしに
顔バリしちゃったんだよ。 

ねーボクゥ似合ってるかなぁ???


IMG_2369
 

とにかくね、うんちフミフミ作戦は大成功だね。
ボクゥ、サマーカットでとってもすっきりだよ〜ん。えへへ。


大成功じゃありません!
うんちはフミフミしないでください!
ポチッとな(^^)v
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ  


 

 

 

チックンDayだった昨日・・・
午後からハルだけを連れてお花見へ


_MG_3230
『ボクゥの時間がやってきたぁ!やっほい♪』


去年の夏以来、ハルと一緒にいる時間は長いけど
こうやってのんびりとした時間を過ごすのは
本当久しぶりのこと・・・

だいたいこの組合せだと病院行きだからね(^_^;)


IMG_6254-2


でも、今日は違う。ハルと妻と僕とでお散歩だ。 

度重なる手術でやせ細ってしまった身体も
すこ〜しずつすこ〜しずつ体重が増えはじめ
最近ははしゃいだり戯れたりと本来のハルが復活し
足取りもかなり軽快になってきた。


_MG_3152


並木道は手前は満開、奥に行くほど五分から八分咲。
日当りとかの違いかな・・・それとも種類が違うのかなぁ。
もう少ししたら満開の桜並木になるだろう。


IMG_6318-2
 

桜以外にも足元には色鮮やかな花々が植えられていて
気持ち良さそうにそよ風と共にゆれている。


IMG_6315-2


日々忙しいと時間はアッという間に過ぎてしまうから
こうして季節を感じられる時間というのは
ある意味とても貴重な気がする。


IMG_6190


肌で感じ、目で楽しみ、鼻で香りを吸い込み、、、
五官全部を使って季節を楽しむ。
いやはや贅沢な時間だ。


IMG_6200


もちろん、小さな身体を使ってハルも春を満喫しているようだ。
このまま順調に元気になっていってほしい・・・。


IMG_6236-2


ってなわけで、久しぶりにのんびりとした
休日の午後となりました。


_MG_3235
『ボクゥもいっぱい歩いたよぉ』



さ〜てといい季節だし
家庭菜園も再開しよ〜っと!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ 

関連過去記事→|動物病院の選び方小さな勇者1小さな勇者2小さな勇者3
       
小さな勇者4小さな勇者5小さな勇者6



 久しぶりに「小さな勇者」の続きです・・・


_MG_0396



「下顎の骨折箇所が溶けてしまい
 4mmくらい隙間があいてしまった・・・」


だと!?

まさに・・・耳を疑うしかなかった。


骨がつきますようにと祈ったこの3ヶ月は
一体なんだったんだ!?


「骨が溶けてしまう子は初めてで、
 これ以上はちょっとぉ・・・」


院長の言葉はあまりにも頼りなく
この病院を選び、通い続けていた自分達を恨んだ。

今更、骨折に強い病院を紹介しますと言われても
そんな言葉は右から左へと通り過ぎるだけだった。
  

先にも書いたが医師は神ではない・・・
それはわかっている。
「完璧」「絶対」「100%」などない・・・
それもわかっている。
けれど、その気持ちを差し引いても
やっぱり・・・『ありえない』

そう、この言葉しか思いつかなかった。
僕らはこの日を境にこの病院へ行くのをヤメた。





1220_IMG_0215


それから、数日後、、、


最初からここへ来れば良かった(>_<)


と、つくづく後悔したのは
とある動物病院の診察室でだった。

ここはとても歯科医療に力を入れていて
テレビや雑誌などでも度々紹介されていた。
歯や口腔内に強く、さらに骨折についても知識がある病院を探す中で
唯一ここならばと思ったのがこのF動物病院だった。

もちろん診察は院長先生に診ていただいた。


「なぜこんなになるまで・・・
 もっと早く連れてきてくれれば・・・」


院長先生の最初の言葉はこれだった。



1220_IMG_0199



院長先生の口から次々と飛び出す驚愕の事実に僕らは愕然とした。


まずは、ハルは重度の・・・それもかなり進行した歯周病だということ。

サンにぶつかられたのは単にきっかけであり、
 それがなくてもいずれゴハンを食べるとか何気ない行為で
 下顎は骨折してしまったであろうということ。

また、骨を繋ぐためのワイヤーが細菌の温床となってしまっていたこと。

そのワイヤーは骨折箇所から外れてしまっているうえ、
 歯肉を突き破り舌さえも傷つけていたこと。

さらに、口腔内に飛び出たワイヤーから細菌がどんどん中に入り、
 ものすごいスピードで下顎骨を溶かしていること。

そして、何よりも驚いたことは、院長先生いわく、かかりつけの病院は
 そういった知識が全くなかったのではないかということだった。



それというのも、通常の下顎骨の骨折だけならば、
ハルが受けた手術で間違いはないらしいのだが、
しかし、それが「骨折」+「歯周病」の場合は、
特に小型犬は要注意だそうだ。

なぜなら『歯周病』はヒドくなると細菌がどんどん繁殖し、
歯根周辺の骨を溶かし、さらに下顎の骨が吸収され
薄くなってしまうのだそうだ。
だから、まずは「歯周病」をやっつけなければ
治る骨折も治らないというわけだ。
 

なので、ハルが最初に受けた手術・・・
抜歯もせず、歯周病でおかされた口腔内をそのままにして、
骨折した下顎骨をワイヤーで固定するということは、

細菌さん、どうぞ好きなだけ

骨を溶かしてください!

・・・という行為なのだそうだ。


「そこの病院が知識がなかったとはいえ、
 正直いってありえない治療の仕方です」




たしかに、かかりつけの病院でも「歯周病」の認識はあった。
しかし、歯周病でグラグラした歯を抜くと、
そこも骨折してしまう恐れがあるため抜歯はできないと言っていた。
そう言われてみてから色々想い出してみると、
かかりつけの病院は歯周病を伴う下顎骨折の治療について
の知識や経験は全くなかったのかもしれない・・・。

おまけに、、、これにも結構驚いたのだが、
数ヶ月前に撮ったCTデータをF動物病院にも持参して見てもらったのだが、
かかりつけの病院長が「絶対外れてない!」と言い切っていたが、
ここの院長先生も検査技師と全く同じ見解だった。


2対1・・・やっぱりワイヤー外れてたんじゃ〜ん。
かかりつけの病院は一体どんだけヤブだったんだ(-_-;)

そう思わずにはいられなかった。



1220_IMG_0200



それと院長先生はハルのこの状況を見て、
かなりの痛みを毎日感じていたはずだと言った。
僕らは少しでもよくなるようにとしてきたことが、
ハルにとっては苦痛の毎日でしかなかったのだと思うと、
本当に本当に胸が苦しくなった。

もっと早くこの病院へ来ていれば、
ハルの苦痛も最小限で済んだのに!

かかりつけ病院で「?」を感じたあの時、
あの瞬間になぜ行動を起こせなかったのか悔やむばかりだ。


普通、歯周病についての知識がある病院ならば、
重度の歯周病の子の場合、問題のある歯は
そこが骨折しようが全て抜いてしまうそうだ。
そうしなければ細菌の繁殖を止められず、
ハルのようには骨を溶かしてしまうからだ。
当然、F動物病院でもほとんどの歯を抜くことになると宣告された。



余談だが、小型犬は大型犬に比べ、
歯根部の底が下顎の骨の底と同じくらいの位置にある。
大型犬は身体に比べ歯が小さく密度が薄く下顎の骨が厚く頑丈だが、
小型犬は身体に比べ歯が大きく密度が濃く下顎の骨がその分薄く弱い。
そのため下顎骨の歯周病が進行し骨が溶け出すと、
下顎骨が吸収されてさらに薄く脆くなり簡単に折れてしまうのだそうだ。
なので、普段からのデンタルケアが大事だとのこと。
歯磨きが不充分だと、食べかすが溜まり細菌が繁殖しはじめ、
歯肉が腫れて歯肉炎になり、さらにそれがひどくなると
歯石や口臭が増え歯周炎となり、重度になると顎の骨を溶かしてしまったり、
鼻腔や顔などにも穴が開いてしまうこともあるそうだ。

そう、、、歯周病をバカにしてはならないのだ。


ちなみに歯周病になりやすいワンコは、、、

小型犬(特におとなしい子やイタズラをしない子やオモチャで遊ばない子)
パグや狆などの短頭種
高齢犬や免疫力の低下している犬
デンタルケア不足の犬

、、、だそうだ。思い当たる方は今すぐにでも歯磨きを!




1220_IMG_0210



初めての診察だというのに
術例や模型等を使って丁寧な説明をしてくれた上に
わからないことは全て納得いくよう説明してくれた。

そんな院長先生とよく相談した結果、
まず悪い歯をすべて抜き、細菌の温床となっているワイヤーを外し、
細菌で侵された骨折箇所の骨を削り、骨移植をして、
プレートなどは使わず歯肉だけで固定をすることになった。
 
しかし、開いてみないことには、、、
現在どれだけ骨が溶けてしまっているかわからないので、
その状況によっては歯周病の治療のみで、骨折自体は直せないかもしれない、、、
骨の両端を丸く削り一生骨が離れたままで過ごすか、
最悪、下顎自体を切除する可能性もあるという説明を受けた。

さすがに下顎切除は戸惑ったが、覚悟しなければならない・・・


手術は年末、、、この時点でハルは年越しを病院ですることが決まった。
ただし、F動物病院はありがたいことに年末年始もやっているとのことなので
面会時間内であればいつでもハルに会えるという。これにはちょっとホッとした。


約10日後、、、ハル入院。
またしても麻酔&手術・・・これが本当に本当に最後だよ。
そう言い聞かせ、ギュッと抱きしめ病院に預けた。
手術の時間がいつになるかわからないため
一旦帰宅するが落ちつかない・・・

夕方、自宅の電話が鳴る。院長先生だった。
 
開いてみたら4mmどころか、

15mmも溶けてしまっていて

骨折箇所の治療はワイヤーを外し、

細菌に感染した骨の切除までしかできない

とのことだった。
正直ショックだったけど、その可能性もあると聞いていたので
悪い方に転がったんだと受け止めるしかなかった。

それにしても・・・4mmと思っていた場所が15mmもあいてたなんて。 
よくなりますよ〜に!と毎日過ごした3カ月間の間、
少しずつ少しずつ細菌達がハルの骨を蝕んでいたと思うと・・・!!!
おまけにワイヤーが歯肉を突き破って口腔内に出ていれば
痛くて痛くて、ゴハンだってまともに食べられないよなぁ。
顔だって触れたくなかったよな・・・(-_-;)

やっぱりダメな飼主だ。
ハル・・・本当にごめんm(_ _)m



でも、
院長先生の話しはそれで終わらなかった。
まだ可能性は残っていると言う。


望みが完全に消えてしまったわけではなかったようだ・・・。



つづく


現在の小さな勇者ですが
だいぶ元気になってきましたよぉヽ(*´ヮ`)ノ
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ 

このページのトップヘ