Bowwow Poo

僕と妻と6ワンコと・・・時々、水耕栽培。これが結構楽しい毎日なんだ!

カテゴリ: 家庭菜園/水耕栽培

はい、今夜はまたもや蔵出し記事です(^_^;)
去年・・・そう2012年に栽培していた里芋の話し。

[20120614]
20120614-1
去年の6月中旬・・・
サトイモを育ててみようと突然思い立つ!

本当ならば4月〜5月頃が植え付け時期のサトイモ。
探してみたら6月定植の「善光寺さといも」という苗を
ネットで見つけたのでさっそく取り寄せ、栽培開始。

[20120614]
20120614-2
実はね、義母が大のサトイモ好きと聞いたからなのだ(*^O^*)
僕自身はそ〜んなに好きな食べ物ではないので、
今まで全然関心なかった野菜なんだけどね、 
せっかく好きって人がいるなら育ててみようかと始めたワケさ。

[20120626]
20120626-1
もちろん、これも液肥(ハイポニカ)のみで育てます。
カゴには三角コーナー用のネットを敷き 
培地はいつも通りバーミキュライト。
去年はペットボトルで液肥を追加していたので
それぞれ1本ずつ入れてあります。

[20120626]
20120626-2
まー液肥の追加とたまに藻の掃除をする程度で
基本はな〜んにもしなかったサトイモ栽培。

[20120629]
20120629-1
たった2週間ほどで葉のサイズは4倍くらいに!
梅雨なんて関係ナシにグングン成長。

[20120703]
20120703-1
葉は大きくなるとともに厚みもでてきて色も濃い緑に、
また茎も太くかなりしっかりしてきました。

[20120717]
20120717-1
たしかこの写真の日に梅雨明け宣言があったっけ。
太陽が今まで以上に当たる場所へ移動しました。
すっかり立派な葉の重みで小さなカゴがひっくり返ってしまいそうで
後日、倒れないよう固定をしました。

[20120719]
20120719-1
この頃になると葉の大きさは40cm超!
液肥の消費もハンパなく、2Lのペットボトル×2本体制でも1日持たず
7月に入ってからは完全に液肥奴隷に・・・(^_^;)
まぁ〜これに懲りて今年は最初に液肥タンクを用意したわけなのだが。
サトイモに限らずペットボトルでの液肥やりは、
暑い時期は本当に本当にほんとぉ〜〜〜〜に!大変でした。


[20120721]
20120721-2
そうそう、雨が降るとこうしてサトイモの大きな葉に
たくさんの水滴がつくんだけれど、
これが意外にもすごくキレイで見事でした。 

[20120730]
20120730-1
途中、虫にやられたり、病気にもなりつつ、
悪くなった葉は取っ払って、どうにかここまで大きくなりました。

[201201026]
20121026-120121026-2
10月後半、少し早いかもしれないけれど
思い切って収穫〜〜〜♪
小粒ですが結構実がなってましたヽ(^。^)丿

収穫すぐに義母に送ったところ、
それはそれは美味しかったと
大変喜んでもらえました。

でもねぇ〜芋類はやっぱり場所を取るんだよなぁ〜
ってことで、今年は芋類は一切やらないことにしたのです。
やばい!今年も期待してたらどうしよぉ〜〜〜〜(^_^;)あはははぁ〜

以上、2012年サトイモ栽培の記録でした。

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

はい、今宵はインゲンの話し・・・
昨年は適当〜にやっていたインゲン。
収穫もちょっぴりで正直記憶にございません(^_^;)
写真もほとんどなくて、やっと探して2枚ほど。
そりゃ〜記憶にありませんな。

[20120626]              [20120703]
2012062620120703-1

たしか、最後はヨレヨレというかカラカラというか
あまり良い結果じゃなかったような・・・あ〜忘れちゃったなぁ(-_-;)

しかしながら、今年はもう少しちゃんと
やってみよう&忘れないように記録していきたいと思います。

[20130508]
20130508-23
まずは種まき前にプランターの用意。 
ま、適当に半田ごてを使ってプランターに穴をあけて支柱とアミをセット。
つるなしインゲンを育てるので、支柱は低めで大丈夫なのだ。

[20130508]
20130508-24
底には三角コーナー用のネットを敷きます。
あ、普通、土での栽培なら鉢底石を敷くんでしょうけど
僕は液肥のみで育てるので、鉢底石はもちろん土も使いません。
使うのは苗を支えるための『バーミキュライト』と『液肥』のみ!
まー「水耕栽培」っちゃ〜水耕栽培だけど・・・
正しくは「養液栽培」または「培地耕栽培」とでもいうのかな。

[20130508]
20130508-25
これはリッチェルの『水ラク菜園上手 45型』ってプランターなんだけれど、
底に水を貯める空間があって、僕の栽培方法にはうってつけ! 
もちろん、土栽培でもついつい水やりをサボっちゃう人や
旅行に行く時になどには水をしっかり貯めておけるので
とっても便利なプランターです(*^O^*)

[20130508]
20130508-26
でね、僕の場合はこんな感じにセーム革を垂らして
底の液肥を吸い上げ、培地のバーミキュライトを湿らせるのだ。
基本は底の液肥がなくなりそうになったら追加するだけのラクラク栽培です〜♪

[20130508]
20130508-28
・・・で、こんな感じにバーミキュライトを入れたら種を蒔く。
ま、この辺は土栽培と何ら変わりないですね。
しいていえば、土ならばもっと上までたくさん入れる必要があるけれど
バーミキュライトは苗を支えるだから、ちょっぴりでいいのだ。
たぶん下から4〜5cm程度しか入れてません。
もしかしたらもっと少なくてもいいかもなぁ。

それにしても、種の名前が笑える・・・さつきみどりだってさ(・∀・)

[20130508]
20130508-29
ちなみに種はこんな色していま〜す。
最初はワオ!豆系の種はすごくカラフルなんだな〜と
驚いていたのだけれど、実は元々の色じゃないんですねぇ(^_^;)
消毒のためとか腐らないようにするためなどなどの理由で
どうやらコーティングされているらしいのです。
だからこんなにカラフルなんだねぇ〜。
そーいやぁ、大豆ってうす黄色というかベージュだもんな。
よくよく考えてみればわかることじゃ〜ん。全く僕ってアホだな。

そうそう、その他には皮が固い種子なんかはわざと外側をむいてしまって
中身をこんな感じにコーティングして発芽しやすいようにしてある種もあるそうだよ。

[20130508]
20130508-30
あとは最後の仕上げ。
液肥栽培はできるだけ雨水は避けたいところ・・・
なので簡易的だけど農ビで屋根をつくって完成!
あとは発芽を楽しみに待つだけ(^^)

[20130516]
20130516-01
発芽したのは3〜4日くらいしてからかなぁ。
1週間もすると立派な双葉からさらに葉が出てきました。

[20130516]
20130516-02
それにしても豆類の双葉って面白いよね。
だって豆がパカッて割れた状態になるから・・・(^m^)
そうそう、この状態が一番鳥に狙われやすいんだとか!
なので、しっかりネットで防御してます。

[20130519]
20130519-05
それから3日後・・・もうこんなに葉が大きくなりました。 
連日晴天に恵まれ、気温も高めだからかな。
なんだか見る度に成長しているような・・・すごいなインゲン君!

[20130522] 
20130522-14
種まきからちょうど2週間目。
もうすでに鳥よけのネットにくっついてしまいそう〜〜〜。

こ〜んな感じでかなり順調に育っています。


つづく・・・

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
 

はいはい、また蔵出し家庭菜園ネタです。
興味のない方はスルリとスルーしちゃってくださいな。

なんでサツマイモをやろうと思ったのかは
正直忘れてしまったのですが、、、
始めてしまったサツマイモ。
それも水耕栽培(固形培地耕)でね。

【20120614】
20120614-1
普通はサツマイモってツルの部分だけを植えるんですけど
何を思ったのか種芋ごと設置したオイラ。
種芋に液肥を吸わせてツルを育てちゃえ!って計画でして
はい、そーです、完全に素人考えです(^_^;)

実際こんな感じを想像してました。

でも、水耕栽培でうまくいくかもわからなかったので
保険で土栽培もしておこうかと・・・
こんな感じでお隣に土嚢で2つほど用意をしました。
念のため「じゃがいもの土」という専用の土を使用(サツマイモなのにね(^_^;))。
芋の種類は右が安納芋、左がクイックスイート。

【20120614】
20120614-2
サツマイモってたいして肥料もいらなければ
水も枯れないかぎりあげなくて大丈夫なんて聞いたものですから
ほ〜んと適当に育てたんですよ。ほんと適当に。

【20120626】
20120626-1
最初はヘナヘナしてた葉っぱも10日を過ぎる頃には
グングンと音が聞こえてきそうな感じに伸び始め
ほ〜んとだ、ほっといても大丈夫そう!
さらに適当にやろ〜という気持ちが増加していきました。

【20120717】
20120717-220120717-1
7月に入るともうツルは地面についた状態に。
すこ〜し右の水耕栽培チームの葉の茂り具合が怪しいけれど
まー適当適当、気にしないまま、また時は過ぎていきます。

【20120717】
20120626-2
そんな中、クイックスイートの種芋がまだ残っていて
それもなんとな〜く育てていたら、グングンとツルが伸びてしまって
じゃ〜ってことで、早めに打ち切ったトマトの鉢が空いていたので
ツルだけ切り取り水耕栽培(バーミキュライトの固形培地)を開始。

【20120719】
20120719-3
これでサツマイモは4箇所!
たくさんできるといいなぁ〜と、適当に育ててるわりには
結構大きな期待をしておりました。

【20120730】
20120730-1
その後も順調に育ち土嚢もプランターもほとんど隠れた状態に。
害虫被害もこの時点ではなく、あ〜サツマイモってラクだな〜
なんて思っていました。

【20120921】
20120921-1
9月になると明らかに、水耕栽培と土との差が出てきて
(上の写真の右側が土、左側が水耕栽培)
 さらに水耕栽培の種芋付近からは、ぷ〜〜〜んと硫黄のような
匂いが漂っておりまして、腐っている感じがしましたが
ま〜葉は元気なので、そのまま液肥を入れている容器だけは
できるだけキレイに保ちつつ、この形のまま続行!

そしてこの頃になると害虫を発見!
なんだか、いたるところ葉先が丸まっていて、
開いてみるといました、いました。
「イモキバガ(イモコガ)」という
サツマイモの葉を食害する害虫でした。
気になるところだけ葉を切り落とし対処しましたが
あまりの多さに途中から退治するのをあきらめてしまいました(^_^;)
ま、収穫まであとちょっとだしね。まー適当適当。

それから、7月に追加したサツマイモは写真はないけど
なかなか順調にツルを伸ばしていってくれました。

【20121006】
20121006-5
10月に入り、なんとな〜く葉も枯れてきたしそろそろかな〜と 
イキナリ収穫を実行することに!

本当ならば少し掘り起こして芋の様子をさぐってから
その様子から収穫する時期を決めるわけですが
なんたって今回のサツマイモ栽培は適当なんで(^_^;)

とにかく全部一気に掘り起こしちまったのです!

【20121006】
20121006-220121006-1
まずは茎の根元からツルを切り取ってみました。
この土嚢袋の中にどれだけの芋が育ってるんだろうヽ(^。^)丿と
かなりワクワクしたのにね、掘っていくと段々気持ちが沈んでいきました。

【20121006】
20121006-4
だって、出てきたのはこれだったから(^_^;)
あまりにも細く小さい・・・クイックスイート。
完全南側の陽当たりの良い場所で育てたというのに・・・
ん〜〜〜(=_=)下に深い土嚢袋が悪かったのか、横長ならうまくいったのか、
それとも単に収穫時期が早かったのか、、、結局のところ
原因はよくわからないけれど、とにかく大失敗となりました。

次に安納芋を掘り起こすことに。
もう期待は一切していませんからね、淡々と掘りましたよ。淡々と。
すると、やっぱり小さ〜い子たちがチラホラと・・・

【20121006】
20121006-6

でも、安納芋ってもともと小さめだったと思うので
ま〜クイックスイートに比べれば、ちょっとはまし・・・かなぁ。

【20121006】
20121006-8

こーんな感じです。
でも、安納もクイックスイートも適当だったくせに
期待だけは大きくかなりの収穫を見込んでいたので
正直ガックリしました・・・ハイ。来年はや〜めよともね。

世の中には土嚢袋やプランターから大きなサツマイモを
収穫してる方もいっぱいいるというのにねぇ〜〜〜(´д`)

【20121006】
20121006-9

あはははぁ、収穫はぜ〜んぶでこれだけ(涙)
写真上の左右が土栽培で、下の左右が水耕栽培。
どんぐりの背くらべって感じですけど、
見た感じ水耕栽培で育てた方が割と太めになった気がします。
いやはや、場所は最大級取られたのに〜〜〜!
なんだか残念な結果となりました。

小さなサツマイモ達を新聞紙でくるみ段ボール箱へ・・・
後日ワンコ用のケーキを作るという妻に使ってもらったところ
それはそれは甘く、とても良いケーキができたそうです。
ワンコ用なので量もこれだけあれば十分だったみたいで
数回に分けてすべてワンコ達のお腹に入りましたとさ。

t02200293_0450060012288703762t02200165_0450033812267592181

おしまい。


ポチッとお願い(・∀・)
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ




 

オクラの話しが続いてますが・・・
ここからは今年2013年の話し。

今年は5月に入るまでは意外と寒い日も多く
ホームセンターにもなかなか野菜の苗が出て来なくて
いつからやるかなぁ〜なんて思いながら
仕事部屋でオクラの種まきだけはしていました。

しかぁ〜し!なぜか芽が出ない。
去年はなんなく発芽させることができたのに
種が古いのか、寒いのかなかなか芽が出ず
痺れを切らしホームセンターへ・・・

【20130516】
20130516-1

結局、苗を買っちゃった(^_^;)
それも1ポットに緑と赤のオクラが1本ずつのタイプで
なんかお得な感じがしたので2ポットゲット。
さっそく自作水耕栽培器へ移植・・・

【20130522】
20130522-1

今年のオクラは初の完全水耕栽培。
培地はなく苗を支えているのはスポンジだけ。
最初は根が液肥まで届かないので、吸水性の高いセーム革を細く切り
苗と一緒にスポンジにはさんで、セーム革は液肥に浸す。
こうすることで枯れちゃう心配はなくなるんだけど、
固形培地耕に比べて根付くまでが不安定な水耕栽培・・・
このようにしてあげてもたまにダメになっちゃう苗もあるんだよね(=_=)

【20130522】
20130522-2

だけど、こんな感じに真っ白い根が伸びてくれば一安心。
こうなればダメになることはまずないかな。
ふと気づいたんだけど、、、
買ってきた時は土で栽培されていたこのオクラ、
水耕栽培にしてからは、土の時の根の成長が止まっているんだよねぇ。
水耕栽培用に新しく根が伸びてきたって感じなのだ・・・
それぞれ状況に応じた専用の根があるのかなぁ〜。なんか不思議!

【20130526】
20130526-1

根が伸び、液肥に届いちゃえば
あとはこれといってすることなし(・∀・)
グングン成長してくれることを祈るくらいかな。

【20130603】
20130603-1
 
そうそう仕事部屋で種まきしておいたオクラが
やっとこさ数個だけ発芽してたんで、一番育ちの良い子を
空いている場所にセットしてあげたよ。

【20130603】
20130603-2

6月に入っても梅雨入りとか言いつつも、
良い天気が続いていたからもう勢いよく育つ育つ!
すでにこんなに大差があるけど、
右端の子も負けずに育ってくれるといいなぁ。

【20130603】
20130603-3

このくらい上が伸びてくると下の根も
ほらこの通り・・・ものすご〜く伸びてるでしょ(*^O^*)
液肥は水中ポンプで常に水流を作り、
さらに水中ポンプにはディフューザーがついているので
根に常に酸素を送ることもできるのだ。
 
僕が使っている水中ポンプはこれね。
本体 ニュースペースパワーフィット S 関東当日便
ニュースペースパワーフィット S

毎年使っているけど、パワーもなかなかだし
とっても活躍してくれる水中ポンプですよ。

【20130606】
20130606-1

昨日辺りから、やっと梅雨らしくなってきたので
これからしばらくは野菜達にとってツライ時期だね。
太陽がサンサンと降り注ぐ夏まで頑張らなきゃだな。

20130610-2

それにしても、予想していたよりすでに混雑してるなぁ(^_^;)
やっぱRVBOX400にオクラ5本はきつかったかなぁ・・・
これ以上混み合うようであれば、水耕栽培器を追加しようかね。


いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


 

ずっとためっぱなしの家庭菜園写真があるので
しばらく蔵出ししながら、今年の様子と合わせて紹介していこうかと。
なので、しばしお付き合いください。 

まずはオクラから。
実は僕はオクラ苦手で食べられません(^_^;)
でも、妻の大好物なので2年ほど栽培しています。

【20120614】
20120614-1
 
ちょうど1年前の写真。2012年の様子です。
このときは百均で買った小さなカゴにバーミキュライトを入れて
そこへ種から育てたオクラの苗を移植。液肥のみで育てます。

実は液肥で育てる養液栽培には大きく分けると2種類あって、

培地を用いないものを「水耕栽培」
培地を用いたものを「固形培地耕」

っていうそうだ。

なので、2012年のやり方は「固形培地耕」だね。
でも、最近は培地があってもなくても
液肥で育ててるものはみんな「水耕栽培」って
呼ばれてるみたいだけどね。

【20120614】
20120614-2

オクラってキレイな花が咲くんですよぉ。
その花が萎んでポロリと落ちると、
そこからグングンオクラが伸びてくる。

ちなみに上の写真にある銀色の物体は・・・
液肥を入れた2Lペットボトルなのだ。
白い入れ物には液肥が1cmくらい入っていて
それをオクラが吸ってなくなるとペットボトルの底に空けた穴から
液肥がちょっとずつ出てくる仕組みになってます。

でね、液肥ってね、しっかり遮光しておかないと、
アッという間に藻で緑色になっちゃうんだよね。
そうなっちゃうと液肥の栄養分を藻に持って行かれちゃうわけ(^_^;)
なので、遮光は要必須なんですねぇ。 

【20120629】
20120629-1

オクラの栽培自体は至って簡単。
液肥が藻にやられないように注意すれば
これといって気にすることはないかな。
虫にも病気にもわりかし強い感じだしね。

【20120629】
20120629-2

まぁ〜しいて言えば背丈が伸びるので支柱は必須。
2012年は小さなカゴで育てちゃったばっかりに
風が吹く度倒れてしまったオクラさん(^_^;)

【20120703】
20120703-1
 
でも、風にも雨にも台風にも負けず
たくさん収穫することができましたよ。
6〜10月頃までコンスタントに収穫できたので
長めに楽しめる野菜かと思います。

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


しばらく家庭菜園&水耕栽培ネタが続きますが
良ければお付き合いくださいまし。

さて『今年のメイン計画』ってのはですね。 
これなんです、、、コレ↓
IMG_7716
このアクアグリーンを使って、水やり=液肥やりを全自動!!!
わぁお〜!すげぇ〜素敵ぃ〜ヽ(^。^)丿自画自賛 

水耕栽培やられてる方の中には、ものスゴイ装置を自作されてる人が
結構いらっしゃいますので、正直こんなん邪道かもしれませんが
ものスゴイ装置を作るには相当な知識も腕が必要ですからねぇ、、、
でも、残念ながら持ち合わせておりませんので、
アクアグリーンにお世話になることにしたのだ。

IMG_7781

雨水にさらされないよう、自作簡易BOXの中にアクアグリーンを設置。
使わない時はパチンとフタができるようにしました。

IMG_7777

まずは液肥タンクホームローリー100Lの蛇口にホースをくっつけ
アクアグリーンに繋ぎ、もう片方には散水先のホースに繋げば完成!

IMG_7791
IMG_7793IMG_7792

こんな感じに配置した各所へ、全自動で液肥を散水するのだ。
いやぁ〜これで毎年の液肥やりから解放されると思うと心躍る躍る♪

ワクワクドキドキしながら、いざ水やりスイッチを押してみると
カチッという音と共に・・・

アレ???
なに???
なんか静かじゃね???

ってか、液肥1滴もでてこねぇ〜じゃね〜か!


 
押し間違え?押し忘れ?わかんないけど、もう一回ポチッとな!
でも、やっぱり液肥は出て来ない。なんでさ、なんでさ(´д`)
じゃあ、どこまでは液肥がたどり着いてるんだぁ!? 
・・・と、ホースを外してみると、

ハイ、液肥来てます来てます!

チョロチョロチョロチョロチョロチョロ...
って、これっぽっちかいっ!!!(# ゚Д゚)


IMG_7775

ね、ビックリでしょ・・・これしか出てないのΣ(´∀`;)
ちょっと〜と思ったけど、どうやら液肥タンクからの水圧が足らんみたい。
普通に蛇口からは勢いよく出るのにね、、、繋げた途端こうなっちゃうのだ。
念のため水道の蛇口で試してみたら、勢いよく散水されるので
原因は「水圧」で間違いないだろうね。

IMG_7780

結局ね、どこからともなく現れた(倉庫から引っ張り出してきた)
このお風呂用ポンプ君に活躍してもらうことにしたさ。
でもね、アクアグリーン本体は却下することに・・・
だって、このポンプをその都度取り付けて、
それで液肥をくみ上げて、そこにアクアグリーンを繋ぐのは
ちと面倒だし、それじゃ全自動じゃないしさぁ〜〜〜。
まぁ、そもそもこのポンプは屋内用だからね、
ずっと屋外の液肥タンクにいれっぱなしというわけにもいかず。

だから、仕方ないポンプを使って手動で散水にすることにしたのらぁ〜
あ〜あ、あ〜あ、あ〜あ(´д`) 

 IMG_7785

でもね、手動でやれば、ハイこの通り。
それぞれの場所へお好みの量の液肥が届くようになったのさ。
全自動の夢は砕け散ったけど、、、でも、これだけでも昨年までに比べたら
断然!液肥やりがラクになりそうだから◎にしよっと。
でも、アクアグリーン本体を使わないのは
あまりに勿体なので他の使い道を考えてるところです。

IMG_7877
『そんなことにお金使うなら、アタクシたちのオヤツをもっと買ってくださいな』
 
時々、外で作業をしていて視線を感じるんだよね(^_^;)
するとだいたいサンかアリスがジィ〜って僕の作業を見てるんだ。
なんなら手伝ってくれてもいいんだぞ。

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


 

はいはい、前回の続きでございます。

IMG_7683

そうなんです・・・貯水タンク(ホームローリー100L 黒色)をですね、
水耕栽培用の液肥タンクにしようと思ったわけでありますよ。

でもね100Lも入るわけですから、それも液肥タンクなわけですから
ちょっと高い場所に置きたいじゃ〜ないですか。
なので、それにはしっかりとした台が必要だと思いましてね、
そこでヤザキのイレクターの登場ってわけなんです。

IMG_7680

適当に図面を書いて、必要なパイプの長さを算出。
購入時にオプションでカットしてもらえば、
あとは組み立てるだけ!なかなか便利だね、イレクターって。

IMG_7686

ま、しいていえば、、、我が家の駐車場は道路に向かって低く
緩やかな坂になっているため、そこをどうしようかなぁ〜と。

置く場所によって角度も微妙にかわるので、
片側だけアジャスターで調節することにしたところ
なかなかうまくいった感じ・・・(*^-^*)

IMG_7697

時々、ここ!で入れるはずのパイプを入れ忘れちゃったり・・・
そんなんで組み立てては外したりとしながらも、なんとか2時間ほどで完成。
乗せる物がそこそこ重いんで、大枠だけはしっかりメタルジョイントで固定!
200kgまで耐えられるようにして、後はプラスチックジョイントにはめ込んだだけ。
ま、天地のパイプとパイプの間隔が区々なのはご愛敬ってことで・・・(^_^;)

IMG_7675

そうそう、この棚のお隣はいつも通りのセットを準備。
でも、今年は転ばぬ先の杖ってことで、藻にやられないためにも
厚手の発泡スチロールを切り抜いて、銀色のシートも貼って、
しっかりフタを作りましたよ。

この作業をいつもメンドーで、すっ飛ばしては毎年後悔をしてきたオイラです。
ま、一度でも水耕栽培をされたことがある方ならわかりますよね?
藻は・・・恐ろしいですもんね。すぐに繁殖しちゃうしね。
液肥の栄養分は吸い取るわ、見た目は悪いわ、根が緑になるわ、
良いこと全くナシですから、対策をしといて損はないってワケです。

IMG_7753

そんなこんなで、出来上がった棚にホームローリー100Lを乗っけてみた。
うんうん!まずまずな感じ。蛇口も取り付けたところで、、、
さぁ!今年のメイン計画に取りかかろうかね! 

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

今年も始めました家庭菜園。
ゴールデンウィークの少し前から
時間を見つけてはあれやこれやと活動しちょります。

IMG_7580

今年はね、一昨年の液肥のみの水耕栽培
昨年の固形培地を使った水耕栽培の2パターンでいくことにしたのだ。
今までペットボトルで液肥を追加していたんだけども、
あっちゅ〜まに液肥を吸っちゃう夏の時期はね、
毎日の朝晩、液肥作りだけでヘトヘト(´д`)
ペットボトル数十本に水を汲み、液肥をA液B液共に4ccずつ入れる・・・
これ、かなりかなりかなぁ〜〜〜り面倒くさかった!
だからね、今年は液肥の与え方についてものすご〜く考えましてね、
そして良い案思いついちゃったんです(^^)v

まずは久々に引っ張り出した自作水耕栽培器。
っても、ただフタに穴開けただけの代物だけどねん。
昨年は液肥のみの水耕栽培はやらなかったんで
これ1年間、屋外にほっぽり出しっぱだったのだ。
ケドほとんど劣化はみられない。スゴイね、アイリスオーヤマさん!
RV BOXは本当にしっかりしてて液肥もたっぷり入るし、
自作水耕栽培栽培器にはもってこいの品だね。
RV BOX 400 〔RVボックス・コンテナボックス・収納ボックス〕【アイリスオーヤマ】【RCP】【10P06may13】
RV BOX 400

サイズもね400ってタイプがちょうどよいですよ。
これに満タンに液肥を入れると結構動かすのに苦労するので
これ以上のサイズになると、移動は不可になるかな。

フタ部分を好きなサイズ、好きな形に切り取って
百均で買った小さめなカゴやコレなんかを入れて使っています。
僕は3つRV BOX 400を使っているんだけども
フタは3つとも違うカットをしててね・・・

●小さい1つ穴には、苗を1つ(主にトマトやナスに使用)
●大きい1つ穴には、苗を2つ(主にキュウリに使用)
●小さい6つ穴には、苗を6つ(主に葉物やオクラに使用)

という感じにカットによって育てる野菜を分けているのだ。

あ、そうそうフタ部分を切り取るには
結構な力がいるでのプラスチックカッター があった方がいいかも。
あとは中に水中ポンプを入れて液肥を循環させればOK!
3千円もあれば立派な自作水耕栽培器ができあがるよっ。

でも、もし水耕栽培やってみたいけど、自作は苦手〜〜〜って方は
水耕栽培器ってのも売ってるんで、これなんて可愛いしオススメですよ。
【送料無料】水耕栽培キット・ホームハイポニカ601家庭菜園に活躍!ハイポニカ肥料付!【水耕栽培 キット】【RCP】【SS02P02dec12】
【送料無料】ホームハイポニカ601


・・・で、今年はもう一工夫!
まずは大きめのプランターにしっかりと支柱を立てて
そのプランターの中に煉瓦を2つ敷き、そこへRV BOX 400を乗せる。
煉瓦を敷くのは風通しというか、、、
真夏にコンクリートに直接あたるのを避けるため。
そして、少しの雨ならしのげるよう濃ビの屋根をつけたのだ。
水耕栽培に雨は必要ないし、できれば雨水は入らない方がいいからね。

IMG_7583

上の写真は4/20のもの。まだこの頃は寒い日も続いていて
とりあえず自作水耕栽培器だけ先に設置。

きゅうり用には網もつけて、後は苗を設置したら
防虫ネットでグルグルと周りを囲むのだ。
100%とはいかなくても、少しは虫の侵入を防げるだろう。


そして一週間ほど経った4/27・・・注文していたものが届いたのだ。
それはね、まずはこれ〜〜〜!

IMG_7683

なんじゃぁ〜これ!?と思った人も多いかもね。
これね貯水タンクなんです(^_^;)
スイコーってメーカーが出しているホームローリータンクです。
この会社のタンクって色もサイズもたくさんあって
でも値段はものすご〜くリーズナブル!
【送料無料】ホームローリータンク<100リットル>【smtb-KD】【keyword0323_watertank】:【07-14送料無料】
100Lか200Lのどちらにしようかと散々悩んだ挙げ句
置き場と重さも考えて100L入るタイプにしたのだ。
それと色は藻が発生しにくいってレビューを参考に黒にした。

そして次に届いたのが・・・
IMG_7672

はい!ヤザキのイレクターです。
カットするのが面倒だったので、オーダーカットしてもらっちゃいました。

IMG_7693
『とぉ〜ちゃん、なんか今年は本格的だぁ〜ね!』


つづく・・・

いつもポチッとありがとう! 
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ





 

IMG_3233

にゃははぁ〜ヽ(^。^)丿大玉やっと収穫です。 
左右の中玉、ミニと比べるとなかなか立派でひょ〜。 

でもね、トマトは難しい。
簡単に実はなるし、たくさん収穫もできるけど・・・
とびきり甘くて美味しいトマトにはならないのだ(-_-;)

ま、今後の課題にしようっと!

IMG_3230
『来年は種類をさらに増やすんでしょ?どれだけトマト好きなの、お父さん?』 



今年はナスも豊作なのだ(^^)v
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ  


 

 
 

2泊3日でちょいと遠出をしてまして
台風に追いかけられながら、
夕方無事帰ってきましたぁ。

ま、その話はまた今度ってことで・・・

まずは台風の話。
なんだか今夜はひどくなりそうですね。
皆さん準備万端ですか? 

僕は帰ってきてすぐに野菜たちの大移動で大忙し! 
妻にも手伝ってもらい、雨が強く降り出す前にどうにか完了\(^_^)/


IMG_2997


水耕栽培はこれが大変だよねぇ〜。
ちなみに玄関にはこれだけしか入らず
リビングのテレビの横にはキュウリを置いちゃいました(笑)


IMG_3006


それにしてもたった2泊なのに
帰ってきたら野菜たちがめっちゃ成長してて驚いた。
液肥もどうにか間に合って良かった良かった。

 

このページのトップヘ